岩手県釜石市の医療法人楽山会

せいてつ記念病院

せいてつ記念病院

  患者様がリラックスできる環境を充実させてまいります。

せいてつ記念病院のご案内

病院長  寺田 尚弘

当院は、新日本製鐵株式会社釜石製鐵所の附属病院として明治35年に開設され、平成2年4月に医療法人楽山会せいてつ記念病院として独立、今日まで市内の中心地区で地域に寄りそった医療を行ってまいりました。

外来診療は、内科・整形外科・眼科・泌尿器科・皮膚科・透析センターを擁し、また救急指定病院として地域の救急医療の一端を担う一方、通院が困難となった患者様には訪問診療を行っております。

入院診療は、119床の一般病床で通常入院のほか釜石医療圏域内外の医療機関等からの紹介入院も積極的に受け入れております。
ここでは充実した看護・検査・リハビリ体制により、安心・安定した日常生活を志向した医療が行われています。同時に医療介護連携に精通した医療相談室スタッフによる丁寧な入院相談・退院支援が行われており、患者様やご家族のご希望に沿えるよう努めております。

当釜石医療圏は超高齢社会の最前線にあり、また震災の被災地でもあり、病院を受診される多くの患者様は疾患のみならず、複数の社会的課題を抱えている現状があります。
当院は、患者様が住み慣れた地域の中で健康で安心した生活ができるよう医療を通じて貢献しております。

せいてつ記念病院  


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional