岩手県釜石市の医療法人楽山会

沿革

楽山会のご案内

          楽山会について          沿革

沿革


明治16年上閉伊郡釜石村鈴子に「鈴子医局」を設立
明治25年「鈴子医局」を改装、「田中診療所」と名称変更
明治45年「釜石鉱山附属病院」と名称変更、病院組織となる。(初代病院長 涌井廉平)
大正6年「釜石鉱業附属病院」と名称変更
昭和5~9年昭和園グラウンドに病院を増築。「釜石製鐵所附属病院」へと名称変更
昭和20年2度にわたる艦砲射撃により、本院を失う。釜石高等女学校校舎を臨時病院とし救急看護に当たる。
昭和25年病院附属の「准看護婦養成所」を設立
昭和28年鉄筋コンクリート地上3階、地下1階の本院として移転、新築
昭和33年県知事より「総合病院」の承認を受け、さらに小佐野診療所を分院として設立
昭和45年富士製鐵株式会社から「新日本製鐵株式会社」となり、病院も「釜石製鐵所附属病院」と名称変更
昭和45年9月現在地(釜石市小佐野町)に移転 小佐野分院と隣接して本院を新築
昭和47年人工透析治療を開始
昭和49年国民保険への病院開放。全ての住民が利用できる釜石地域の中核医療施設となる
昭和52年「救急指定病院」に指定
昭和55年小佐野新院の老朽更新と共に、新病棟の建築
昭和62年夜間人工透析を開始
平成2年4月医療法人楽山会発足 「せいてつ記念病院」と名称変更 せいてつ記念病院開設
平成3年4月介護老人保健施設はまゆりケアセンター開設
平成4年10月はまゆり在宅介護支援センター(居宅介護支援事業所)開設
平成5年2月健診管理センター開設
平成7年4月人工透析センター開設
平成10年7月介護老人保健施設フレールはまゆり開設
平成11年4月はまゆりヘルパーステーション開設
平成12年4月グループホーム ハイムはまゆり開設
平成16年透析センター、療養型病棟を増築


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional